ふるさと納税の仕組みをわかりやすく解説【会社員は確定申告不要】

こんにちは、ダイスケです。

ふるさと納税は実質2000円の自己負担で、お得に返礼品をいただけます。

利用しないと損な制度と知りつつ、具体的な手続きがわからずに、二の足を踏んでいました。

ハムさん

確定申告とか必要でしょ?

いまは、確定申告は必ずしも必要ありません。

ここでは、ふるさと納税の仕組みから手続きまでわかりやすく解説しています。

これを読んだら、すぐにふるさと納税の寄付ができるようになります!

目次

ふるさと納税の仕組みをわかりやすく解説

ふるさと納税の仕組み
  1. 好きな地域に寄付ができる
  2. 寄付に対する返礼品がもらえる
  3. 寄付した額が税金控除により返ってくる

ふるさと納税の仕組みを、わかりやすく3つにまとめました。

それぞれ説明してきます。

1. 好きな地域に寄付ができる

ふるさと納税では、自分の故郷や、それ以外の地域を好きに選んで寄付することができます。

震災の復興など、寄付金の用途を指定することもできます。

寄付をとおして間接的に行政と関わることができるのもふるさと納税の魅力です。

2. 寄付に対する返礼品がもらえる

ふるさと納税で寄付をすると、返礼品をいただけます。

返礼品のジャンルは幅広く、肉や米などの名産品が人気ですが、日用品、家電などもあります。

お得感を重視するなら還元率が高い返礼品がおすすめです。

3. 寄付した額が税金控除により返ってくる

自己負担は2000円 それ以上は返ってくる

ふるさと納税では、寄付額の実質的な自己負担は2000円だけです。

控除上限額の範囲で、寄付した額の合計から2000円を引いた額が、税金控除という形で返ってきます。

たとえば、1万円の寄付をしたら2000円を引いた8000円があとから戻ってきます。

\ 楽天会員なら /

ふるさと納税とワンストップ特例制度

ふるさと納税で税金の控除をうけるためには、次のいずれかの手続きが必要です。

  • 確定申告
  • ワンストップ特例制度

「確定申告なんてしたことないしメンドくさい…」

そう思いがち。

でも、実は手続きがかんたんなワンストップ特例制度があります。

そちらについて説明します。

ワンストップ特例制度とは

会社員は確定申告不要

かつては確定申告しか方法がありませんでしたが、2015年から、より簡単・便利なワンストップ特例制度の方法が始まりました。

会社員で確定申告をする機会がない人は、ワンストップ特例制度を利用できます。

年収2,000万円を超える所得者や、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄付金控除を申請してください。

手続きは、ワンストップ特例申請書を書いて寄付した自治体に送るだけです。

申請書は、たとえばふるさと納税などのサイトで寄付をするとき、返礼品と一緒に送付してもらうよう申し込むことができます。

こちらからダウンロードもできます。

またワンストップ特例制度では、1年間の寄付先が5つまでで、寄付するたびに申請書が必要です。

ワンストップ特例制度では住民税が控除される

ワンストップ特例制度で控除される税金は、住民税です。

一方で、確定申告では住民税と所得税が控除・還付されます。

住民税は翌年分が「控除」されるに対し、所得税は当年分が「還付」される形になります。

これから徴収される税金が減るのか、いったん収めた税金を返してもらうのかの違いですね。

たとえば、2020年1月1日〜12月31日に行った寄付金は、住民税では、2021年6月以降に納める2021年分の住民税から控除されます。寄付をした翌年6月頃「住民税決定通知書」が送られるので、これで控除額を確認します。

ワンストップ特例制度で必要な書類

ワンストップ特例制度では、ワンストップ特例申請書のほか、個人番号(マイナンバー)・本人確認書類も必要になります。

マイナンバーカードがあれば、いちばん話がはやいですが、なくても大丈夫です。

マイナンバーカードがある人 通知カード or 個人番号通知書がある人 どちらもない人
個人番号確認の書類 マイナンバーカードの裏のコピー 通知カードのコピーあるいは個人番号通知書のコピー 個人番号が記載された
住民票の写し
本人確認の書類 マイナンバーカードの表のコピー

下記いずれかの身分証コピー

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

通知カード、個人番号通知書についてはマイナンバーカード総合サイトを参照。

\ 楽天会員なら /

ふるさと納税の具体的な手続き【4STEP】

ふるさと納税の具体的な手続きは以下のようになります。

STEP
寄付上限額をチェックする

楽天かんたんシミュレーターを使えば、すぐに寄付上限額がわかります。

  • 年収
  • 家族構成
  • 扶養家族の有無

上記を入力します。

STEP
自治体を選ぶ

楽天ふるさと納税などで、寄付をする自治体(返礼品)を選びます。

STEP
寄付をする

普段のオンラインショッピングと同じ感覚です。

STEP
返礼品を受け取る

返礼品が送られてくるのを待ちます。

STEP
申請書類を提出する
  • ワンストップ特例申請書
  • マイナンバー確認書類
  • 本人確認書類

上記を提出します。

STEP
控除の確認

住民税の減額は、翌年分が対象となります。

会社員なら、5〜6月ころに住民税決定通知書が会社からわたされます。

これで住民税が控除されているのを確認してください。

まずは、シミュレーターで自己負担2000円を超えずに寄付できる上限額が大体いくらなのか調べましょう。

確認できれば、寄付をしましょう!

\ 楽天会員なら /

まとめ|ふるさと納税の仕組みをわかりやすく

ふるさと納税の仕組み
  1. 好きな地域に寄付ができる
  2. 寄付に対する返礼品がもらえる
  3. 寄付した額が税金控除により返ってくる

ふるさと納税は、会社員ならワンストップ特例制度でかんたんに税金控除の手続きができます。

ふるさと納税サイトはいくつかありますが、楽天会員なら楽天ふるさと納税がおすすめです。

楽天市場と同じように楽天ポイントが貯まる & 使えるので。

  • 楽天スーパーセール
  • 楽天お買い物マラソン
  • 0と5のつく日にポイントアップ

上記のようなセール・キャンペーンと絡ませるとよりお得にポイントが貯まります。

好きな地域に寄付をして、お得に返礼品をいただきましょう。

\ 楽天会員なら /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる