WordPressにGoogleアナリティクスを導入しよう

Googleアナリティクスはサイト分析に必須のツールです。

アクセス数、滞在時間など、サイト運営に必須のデータを集めることができます。

いちど設定すれば、あとはどんどんデータが溜まっていきますので、しっかり導入しておきましょう。

ハムさんのアイコン画像ハムさん

また、ムズいことやらされるのかな…

WordPressにGoogleアナリティクスを連携させるのはかんたんで、10分もあれば完了しますよ。

目次

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスはアクセス解析ツールです。

無料で使うことができて、たとえば、こんなことがわかります。

  • アクセス数
  • 滞在時間
  • ユーザの年齢や地域
  • 流入経路
  • サイト内の遷移

記事を書いたら当然どれだけアクセスがあるのか気になりますよね。

一生懸命書いたのに読まれてなかったらかなしい…(最初はそんなものですが)。

Googleアナリティクス ではアクセス数などの基本的なデータから、サイト内でどのページからどのページに遷移していったかなど、かなり詳細なデータまで、様々な計測ができます。


登録にはGoogleアカウントが必要です。

既にGmailなどをお使いで、Googleアカウントを持っている人も多いかと思いますが、もしまだ持っていない人はGoogleアカウントの登録から始めてください。

Googleアナリティクスのアカウントを作成する

Googleアナリティクスにアクセスし、GoogleアカウントのID・パスワードを入力します。

「無料で設定」をクリックします。

「アカウント名」を入力し「次」へ。

アカウント名はあとから変更もできます。

共有設定はそのままで大丈夫です。

測定の対象は「ウェブ」を選択し、「次」へ。

  • ウェブサイトの名前:サイトの名前を入力します(あとから変更も可)
  • ウェブサイトのURL:SSL化している場合、「https://」から選択します
  • 業種:自分のサイトに近いものを選択します
  • レポートのタイムゾーン:「日本」にします

これらを入力すれば「作成」をクリック。

規約に同意します。

設定が完了すると、トラッキングIDが発行されます。

このUAから始まるコードを、こんどはWordPressに埋め込みます。

と、WordPressに移動する前に、もう一つ設定しておきたいことがあります。

「データ保持」「ユーザーデータとイベントデータの保持」のところを「自動的に期限切れにならない」にして「保存」します。

この設定をしておかないと古いデータが保持されなくなってしまいます。


これでGoogleアナリティクス側の設定は終わりです。

次はWordPressに移動しましょう。

WordPressにGoogleアナリティクスを連携させる

これからWordPressとGoogleアナリティクスを連携させます。

連携方法はいくつかあるのですが、ここではプラグインを使った方法で設定します。

All in One SEO Packを使います。

All in One SEO Packについては、WordPress初期設定時に入れておきたい定番プラグイン8つで紹介していますので、もしまだインストールしていない方は、そちらから設定してください。

では、WordPress管理画面からAll in One SEO Packの「一般設定」に進みます。

「Googleアナリティクス」までスクロールし、Googleアナリティクスで取得したトラッキングIDを入力します。

さらに「トラッキングからユーザーを除外する」「Adminisorator」のチェックをつけます。

これで自分自身のアクセスがカウントされなくなります。


以上でGoogleアナリティクスの設定はすべて完了です!

お疲れさまでした!

次はGoogle Search Consoleの導入に進みましょう。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる