WordPressにサーチコンソールを導入しよう

どうも、ダイスケです!

Googleサーチコンソールを初めて設定する(プロパティを追加する)ときはけっこう苦戦しました。

当時を思い出しつつ説明しましたので一緒にやっていきましょう!

ハムさんのアイコン画像ハムさん

プロパティとかよくわかんない言葉がイッパイ…

初心者の人は、とにかく細かいことを気にせず、手順通りに設定してください。

2回目以降の人は、「ドメイン」「URLプレフィックス」というプロバティタイプの違いに触れつつ説明しているので、理解を深めながら進めてもらえると思います。

ここではサーチコンソールの概要、導入方法(ドメイン、URLプレフィックス両方)、WordPressのサイトマップを追加する方法について説明しています。

目次

サーチコンソール導入の前に

サーチコンソールとは

サーチコンソールはブログ運営に必須のツールで、無料で使えます。

サーチコンソールを導入するとこんなことができるようになります。

  • サイトに問題が出ていないかわかる
  • ユーザがどんなキーワードでサイトに訪れているかわかる
  • インデックスを早くできる
  • サイトにどんな内部リンク・外部リンクがついているかわかる

これらはサイト運営の攻守にわたり、とっても重要な指標になるものばかり。

ただ、最初は「そんなものか」でかまわないです。

サーチコンソールの使い方は別記事にて詳しく説明しますので、ここでは導入にフォーカス。


サーチコンソールの登録にはGoogleアカウントが必要です。

もしもまだGoogleアカウントの登録が済んでいない場合は、そっちからやってください。

サーチコンソールの登録画面へ

まずはサーチコンソールにアクセスします。

「今すぐ開始」をクリックしてください。

(Googleアカウントでログイン必要)

初めてサーチコンソールに登録をするときはこんな画面が表示されます。

  • ドメイン
  • URLプレフィックス

この2つのプロパティタイプのうち、どちらで登録をするか選択します。

まず、これらの違いを説明しておきますが、不要な人はスルーして登録方法に進んでくださいね。

すでにサーチコンソールの登録をしている人は、サーチコンソールにアクセス後、次のようにしてプロパティタイプ選択画面へ。

サイドバー上部のURLが表示されているところをクリックし、「プロパティを追加」へ。

サーチコンソールのドメインとURLプレフィックスとは

サーチコンソールでプロパティ追加をするとき、ドメインかURLプレフィックスかを選ぶようになったのは比較的、最近のことです(2020年5月現在)。

どんな違いがあるのか簡単に知っておいてください。

とはいえ、別に知らなくても支障はないので余力がある人だけでOKです。


たとえば、ボクのブログのURL(トップページ)は以下のようになっています。

https://my9note.net

このようなURLなんですが、実は下記のURLでもアクセスができます。

  • http://my9note.net
  • https://www.my9note.net
  • http://www.my9note.net

最初のURLは「http」になっていますよね。

リダイレクト設定をしていると「http」にアクセスしたとき「https」にとぶようになっているので、「http」のURLで入力しても正常にアクセスできます。


上記のうち残り2つのURLには「www.」がくっついています。

「World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ)」

この略称がwwwですが、Webサイトにはこれがあるものとないものがあります。

どちらでもサイトにアクセスすることができて、あってもなくても同じです。


ここでサーチコンソールのドメインとURLプレフィックスの違いなんですが、上記のような複数のURLをまとめて認識するか、個別に認識するかというところがポイントになります。

  • 複数URLをまとめて一つのサイトとして計測するのがドメイン
  • 複数URLを個別に計測するのがURLプレフィックス

こういった違いがあるんですね。

ハムさんのアイコン画像ハムさん

結局、サーチコンソール登録はどっちでやればいいの?

となりますよね。

個人的にはドメインでのサーチコンソール登録をおすすめします。

ドメインの方がまだわかりやすいかなと思うので。


ただ、URLプレフィックスは従来型のやり方であり、以前からサーチコンソールを使っている人にはこちらの方がわかりやすいとも思います。

なので、どちらの方法も説明します。

ドメインでサーチコンソールに登録する

サーチコンソールへアクセスし、「ドメイン」の方を選びつつ、サイトのURLを入力して(https://はつけない)、「続行」をクリック。

これから下記の手順で、DNSレコードでのドメイン所有権の確認をします。

  1. TXTレコードをコピー
  2. お使いのサーバーの設定画面にアクセス
  3. TXTレコードを貼り付け
  4. サーチコンソールに戻ってきて「確認」をクリック

かるく、なんのこっちゃですね^^;

「DNSレコード」「TXTレコード」「ドメイン所有権の確認」とか、かなり抽象的ですね。

ただ、わからなくても特に支障はありませんので先に進みましょう。

ここからはサーバーでの設定が必要になります。

エックスサーバーで説明します。

エックスサーバーじゃない人も大きなやり方は同じだと思うので、参考になると思います。

では、エックスサーバーの人はサーバーパネルにアクセスしてください。

「DNSレコード設定」をクリックします。

対象のドメインを「選択する」をクリックします。

「DNSレコードを追加」タブを選択し、「種別」「TXT」にします。

「内容」にサーチコンソールでコピーしたコードを貼り付けます。

「確認画面へ進む」をクリック。

間違いなければ、「追加する」をクリック。

これでサーバーにTXTレコードを追加できました。

では、またサーチコンソールに戻ります。

TXTレコードの設定が終わった状態で「確認」をクリックします。

設定がうまくできていれば、「所有権を証明しました」と表示されます。

「プロパティに移動」をクリックしましょう。

所有権の確認でエラーが出ることがあります。これはサーバー側で設定が反映されるまでに時間がかかっているためです。しばらく(最大1日ほど)時間をおいてから再度「確認」をしてみてください。

これでOKです。

「開始」をクリックしてサーチコンソールにアクセスしてみましょう。

これでサーチコンソールの設定は完了です。

まだ計測対象のデータがないので何も表示されていませんね。

URLプレフィックスでサーチコンソールに登録する

今度はURLプレフィックスによるサーチコンソール登録です。

以前からサーチコンソールの登録に慣れている人は、従来型であるURLプレフィックスの方が操作しやすいかもしれません。

また、どうしてもドメインによる方法でうまくいかなかった場合、URLプレフィックスの方で試してみてください。

では、サーチコンソールにアクセスしましょう。

URLプレフィックスを選択しつつ、サイトのURL(https://から)を入力し、「続行」をクリック。

「その他の確認方法」の中にある「HTMLタグ」の方法で所有権の確認を行います。

「HTMLタグ」をクリックしてください。

これから下記の手順でHTMLタグによる所有権確認を行います。

  1. メタタグをコピー
  2. WordPressのテーマ編集画面にアクセス
  3. メタタグを貼り付け
  4. サーチコンソールに戻ってきて「確認」をクリック

HTMLのメタタグをコピーしたら、WordPressにログインしましょう。

「外観」「テーマエディター」へ進みます。

こんな警告が出てきてビックリさせられますが、ここは作業を進めなければならないので先に進みます。

「理解しました」をクリック。

見慣れないコードがたくさん並んでいますが、これはCSSといってWordPressのデザインに関する記述がされています(最初はわからなくて全然、大丈夫)。

では、編集画面の右側にあるメニューから「テーマヘッダー」をクリックします。

テーマヘッダー編集画面の<head>セクションの一番最後に、サーチコンソールでコピーしたメタタグを貼り付けます。

<head>セクションとは、<head></head>で囲まれた領域のことであり、この領域の最後に貼り付けるということは、要するに</head>の直前に貼り付けるということになります。

</head>がどこにあるかは、キーボードで「command+F」(Windowsの場合は ctrl+F)を押して、ページ内検索で</head>と入力して探すとすぐわかります。

こんなふうにメタタグを貼り付ければOKです。

ページ下方の「ファイルを更新」をクリックしてください。

では、またサーチコンソールに戻りましょう。

メタタグの貼り付けが終わった状態で「確認」をクリックします。

これでURLプレフィックスによる登録が完了です。

「プロパティに移動」してサーチコンソールにアクセスしてみましょう。

まとめ|WordPressにサーチコンソールを導入する

今回はサーチコンソール導入の説明でした。

当ブログでWordPressを開設し、初期設定や必須プラグインのインストールをやってきてくれた人にとっては、これで一通りの設定がすべて終了することになります。

この記事で初めて当ブログを読んでいただいた方も、これでようやくひと段落という人が多いのではないでしょうか?

本当にお疲れさまでした! 

これから記事の書き方を取り上げていきますので、また一緒にやっていきましょうね(^^)

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる