【初心者におすすめ】WordPressテーマでブログ向けなもの7選

こんにちは、ダイスケです!

今回は初心者におすすめしたい「ブログ向け」WordPressテーマを7つご紹介します。

たくさん紹介しすぎても迷うので、有料テーマ5つ、無料テーマ2つだけに絞りました。

目次

WordPressテーマについて

今回ご紹介するテーマがこちらの7つです。

最後のコクーンとスティンガーが無料テーマで、あとは有料です。

まず「テーマ」とはどんなものかという話から始めます。

必要ない人はとばしてもらって、テーマの紹介へ進んでください。

WordPressのテーマとは

WordPressのテーマとは、早い話、「テンプレート」のことです。

テーマがあればCSSなどの知識がなくてもかんたんにWebサイトのデザインをカスタムできます。

デザインだけでなく、SEO対策もされているし、テキスト編集をするエディタもより使いやすくなっています。

このような内容が一式セットになったものがテーマなんですね。

WordPressテーマ|有料と無料の違い

WordPressテーマには有料と無料があり、見るべき点は大きく2つあります。

  • デザイン性
  • カスタム性

有料テーマはデザイン性が高くてカスタムの幅も広いです。

一方で、無料テーマはデザイン、その他のカスタムもできることが限られています。


初心者の方は、無料テーマでWordPressがどんなものかわかったら、すぐ有料テーマを使った方がいいです。

有料テーマならスグにそれっぽい見栄えのサイトにすることができるからです。

基本的に無料テーマは中級者向けと考えた方がよく、無料テーマでのカスタムではいろんな知識はいるし、手間がかかります。

いちばん最初は無料テーマでもいいと思いますが、早い段階で有料テーマにすることをおすすめします。


これは初期投資です。

まず肝心なのは記事を書いていくことなので、そこに集中できる環境をいち早く整えましょう。

最近はデモサイトのデザインをそのまま着せ替えられるものもあるので、一瞬にしておしゃれで機能的なブログを手に入れられます。

WordPressテーマ|比較の仕方

初心者はどんなテーマがいいのか比較の仕方や見るべきポイントがわからないと思います。

あらかじめ知っておくと比較しやすくなるだろうポイントを3つご紹介しておきます。

  • 見出しデザイン
  • テイスト
  • ブログの基本領域

それぞれ解説しておきますね。

見出しデザイン

デザインの中でも最もよく目にするのが見出し。

  • 大見出し(h2)
  • 中見出し(h3)
  • 小見出し(h4)

このあたりがどんなデザインか、種類はどれだけありそうかなどを確認しておくといいでしょう。

カラーとか風合いとかバーの形状とかをざっくり見比べます。

テイスト

テイストというと、すこし抽象的ですが、全体的な印象を見ておきましょう。

たとえば、ボク自身は有名どころのテーマについて、こんな印象をもっています。

  • サンゴはマテリアルデザインで今っぽい
  • アフィンガー5はちょっとかたい
  • ストークはポップでかわいい
  • スウェルはミニマルでスマートでインテリジェント

長く使っていくテーマなので飽きのこないテイストがおすすめです。

流行りのテーマは人と被りやすいので注意が必要です。

サイトの基本領域

サイトの基本領域は以下で構成されています。

  • ヘッダー
  • フッター
  • サイドバー
  • ボディ

ヘッダーはサイトの一番上の領域のことを指し、多くの場合、カテゴリなどのメニューが配置されています。

特にトップページのヘッダーは、大きなヘッダー画像があったり人気記事がスライドショーになっていたりと重要な領域。

こういったあたりのデザインを見ておきましょう。


フッターはサイトの一番下の領域で、ここにもカテゴリがあったり当ブログのようにTwitterを埋め込んでいることもあります。


サイドバーはPCで見ると文字通り「サイド」に配置されている領域ですが、スマホでは本文(ボディ)の下に来ることがほとんどです。

プロフィール、人気記事、アーカイブなどが配置されることが多いです。


ボディは本文の領域です。

ボディでは見出しのデザインのほか、ボックスデザインあたりをチェックしておくといいでしょう。


このようにサイトの基本領域ごとにそれぞれのテーマを比較すると、特徴がつかみやすいです。

【初心者におすすめ】WordPressテーマでブログ向けなもの|有料5選

ブログ向けのおすすめ有料テーマを5つ紹介します。

公式ページではデモサイトで実際にどんなデザインになるのかを確認できるので、「WordPressテーマ|比較の仕方」を参考によく見比べてみてくださいね。

テーマ価格
AFFINGER5¥14,800
SWELL¥17,600
STORK19 ¥11,000
THE・THOR¥14,800
SANGO¥11,000

AFFINGER(アフィンガー)5

  • カスタム性が高い
  • ボタン・ボックス・アイコンなど豊富なデザイン
  • 追加で機能を付け加えていける(有料)
  • 複数サイトで利用可能
  • カスタム性高いゆえに扱いやすくはない

AFFINGER5は当ブログでも使ってるテーマです。

なのでこのブログを見てもらったら雰囲気をわかってもらえると思います。

AFFINGER5は、ボタン・ボックス・アイコンなど記事パーツのバリエーションがめっちゃ豊富です。

クリック計測ができる目次など、有料の機能をどんどん付け足していけます。


ただ、一番おすすめするかといえば、実はそうでもないんです。

というのは、設定がかなり細かくできるがゆえに初心者にはちょっとわかりにくい部分が多いと思うからです。

有料テーマの購入が2つ目以降とかだったら迷わず一番おすすめします。

高度なカスタムができ、「稼ぐ」に特化したブログ、アフィリエイトサイトが作れます。

デザイン的にも飽きがこないので長く愛用できます。

SWELL(スウェル)

  • ミニマル & スマートなテイスト
  • マニュアルわかりやすい
  • 複数サイトで利用可能
  • デモサイトに着せ替えできる
  • 一番おすすめです

比較的、最近知ったテーマがこのSWELLです。

個人的にかなりツボなテイストで、めっちゃ乗り換えたくなりました。

とにかくデザインがよくて、全体的に飽きがこず、知的でミニマルな印象。

からの、グラデーションなボタンがワンポイントで超おしゃれ。

いや、ボタン本当におしゃれです。


デザイン面を褒めていますが、操作性も高く、かつわかりやすそうで初心者向けだと思います。

そもそもマニュアルが見やすいですし、豊富な機能をすぐ覚えられそう。


しかも、綺麗なデモサイトのデザインにそのまま着せ替えができるんですね。

これは初心者にありがたいですね、一瞬で完成されたブログのできあがりです。

SWELL使いたい…。

実はこの記事を書いている間に、本当にSWELLへ乗り換えました!

めっちゃ、いいです!

でも、流行ってほしくないし、使わないでください笑

STORK(ストーク)19

  • ポップなテイスト
  • 初心者でも抜群に扱いやすい
  • 人気テーマゆえに人と被りやすい

STORK19はポップでキャッチーなデザインが目をひきます。

かつ、扱いやすい。


ボク自身、最初の有料テーマとして買ったのがSTORKでした。

その後、同じOPEN CAGE(オープン・ケージ)のSWALLOW(スワロー )も使っていたくらい扱いやすい。


ただ、複数サイトでは使えません。

が、初心者はそこまで考えなくていいですね。


STORK19のデメリットは、一時期かなり流行ったので人と被りやすいということです。

すごく特定の時代感(2017年前後)を感じてしまいます。

人気テーマになりすぎるとこういうところにも注意が必要かなと思います。

ただ今は、流行りが終わってしばらく経ったのでまた取り入れやすくなってきているかも?

このへんの感覚は完全に個人によりけりだと思いますが。

いいテーマではありますよ。

THE・THOR(ザ・トール)

  • 洗練されたプロっぽいテイスト
  • サポート充実
  • 複数サイトで利用可能
  • デモサイトに着せ替えできる

THE・THORはとても洗練されたプロっぽいデザインで、個人ブログ以外に企業サイトにも使えそう。

実績ある会社が運営しているのでサポートが充実しているところも嬉しいです。


THE・THORもSWELLと同じくデモサイトに着せ替えができます。

デモサイトの種類はSWELLより多くて、全体的にカラフルで女子ウケがよさそうです。

53種類の見出しデザイン、500種類ほどあるアイコン、カラフルなマーカーなど記事装飾が楽しくなりそうです。


THE・THORもすごくいいですね。

サブのサイトに使ってみたいです。

SWELLみたいなミニマルさより、色鮮やかでキラキラしたテイストがお好みならTHE・THORです。

SANGO(サンゴ)

  • マテリアルデザインが今っぽい
  • マニュアルわかりやすい
  • 有名ブロガー・サルワカさんによる制作
  • 人気テーマゆえに人と被りやすい

SANGOは2020年現在、ダントツで一番人気の有料テーマでしょう。

新人ブロガーのほとんどが使っていると言っても過言ではないくらい。

デザインがめちゃくちゃ今っぽく、人気なのが納得できます。


SANGOで多く使われているマテリアルデザインはGoogleでも採用されているデザインです。

マテリアルデザインはAppleで採用されているようなフラットデザインと合わせて理解するとわかりやすい。

このへんについてはSANGOの制作者であるサルワカさんが記事にしています。


そう、このSANGOはブロガーでもあるサルワカさんの手によるものなんですね。

自身もブロガーなので使いやすいはずなんです。

デザインも使いやすさもよくて、めちゃくちゃおすすめなんですが、STORK19のところでも触れたように大人気すぎて、人と被ってしまいます。

もう、ここだけ、SANGOのデメリットは。

【初心者におすすめ】WordPressテーマでブログ向けなもの|無料2選

まずはお試しがてらWordPressを使ってみたいという人は無料テーマをインストールしましょう。

ただ、途中でテーマを変更するとデザインが崩れる場合がありますし、記事が増えるほど面倒なことが増えがち。

初期投資と考え、早い段階で有料テーマにすることをおすすめします。

Cocoon(コクーン)

  • スキンで外観を簡単に変えられる
  • 最初からふきだしが使える
  • エディタが使いやすくなる

無料テーマとしてかなり評価の高いCocoon。

これを使えば一瞬でこれぞブログというような、それっぽさが生まれます。


「スキン」というものが何十種類も用意されていて、これを選ぶだけです。

エディタも編集ボタンが必要最低限のものが追加され、WordPressにデフォルトで入っているテーマよりは断然使いやすいです。

Cocoonでは最近よくある会話風のふきだしが簡単に使えるようになっています。

難しい話ぬきにこういうことができるのは初心者にとって嬉しいポイントです。

STINGER(スティンガー)8

  • AFFINGER5に興味がある人向け
  • それなりに細かいサイト設定ができる
  • エディタが使いやすくなる

STINGER8は有料テーマのところで最初に紹介した、AFFINGER5と同じWINGがリリースしているWordPressテーマです。

将来的にAFFINGER5への乗り換えを検討している人に最適です。


カスタム性が非常に高いAFFINGER5ほどではないですが、無料テーマにしては細かい設定ができます。

トップページにスライドショーを設定することもできますね。

エディタも充実しますし、このへんはCocoon以上です。

デザインに関しては、手軽に様々な切り替えができるCocoonの方が、上です。


総合的にみて、初心者が使う無料テーマとしては、Cocoon推しの立場です。

Cocoonの方がより直感的に扱えるので。


STINGER8もAFFINGER5もあまりデザイン性の高さについて触れてきませんでしたが、どっちにしても、可もなく不可もなくといったところなんですよね。

これというカッコよさもないし、かといってダサくもない。

でも、そこがいいところともとらえられます。

流行りすたりがなくて長く使うのに適しているので。

とにかく無料テーマは別にお金もかかりませんし、とりあえず使ってみるというスタンスでいいでしょう。

まとめ|【初心者におすすめ】WordPressテーマでブログ向けなもの

初心者におすすめなブログ向けWordPressテーマを紹介してきました。

有料テーマ5つ、無料テーマ2つを取り上げましたが、無料テーマはとりあえずのお試しと考え、早い段階で有料テーマを使うようにしましょう。

今後長く使うものですし、先行投資です。


結論、最もおすすめなのは?

ドゥルルルルルル……ババン!


SWELLです。

デザインのテイスト、記事を修飾する機能など総合点が最も優れていると感じました。

個人的にめっちゃ使いたい。

というか、その後、実際に購入したんですけど。

今の当ブログの有料テーマこそSWELLです。

でも、おすすめしときながら何ですが、流行ってほしくないから使わないでほしいですw

拡散とかしないで。。


アフィリエイトサイトだったらAFFINGER5がいいです。

複数サイトでも使えますしね。何個アフィリサイトを作ってもOKです。

実際にボクも長らく使っていました。

ここではブログ向けなテーマということで、1番のおすすめということにはしませんでしたが。


かなり主観的な評価になってしまったところもありますが、参考にしていただけると幸いです。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる