高齢者のスマホデビュー|おすすめスマホと格安SIM

ウチの母親は63歳。

今の60代はすごく若いと思いますが、それでも最近、母も病院のお世話になることが増えてきました。

気弱にもなるのでしょう。離れて暮らす家族(ボクの妹)と長電話をすることも少なくありません。


すると高くなるのが電話代。

話してあげたいけど、携帯代が高くなると妹も困りはじめました。

そこで、母親にスマホデビューしてもらおうということに。


スマホ同士ならLINEなどで通話できて、電話代はかかりません。

気がねなく話せますし、緊急時のことを考えても、もっておいてもらいたいです。

この記事では、かなりウチの母親ベースの話になりますが、以下のことが参考になるはずです。

  • 「通話」は本当に必要?
  • 高齢者におすすめなスマホ
  • 高齢者用のスマホデビューにおすすめな格安SIM
目次

高齢者のスマホデビュー|「電話」は本当に必要か

電話は、ほぼ使わないようにできる

「電話回線を使った電話」は、ということです。

そのかわりにIP電話を使ってもらいます。

IP電話とは、LINEなどでする通話のこと。

これはデータ通信でする電話であり、電話代はかかりません。


携帯会社の料金プランで、通話がし放題みたいなオプションがあります。

無料通話オプションはお得なカンジがしますが、そもそも電話回線を使った通話はしなくても済みます。

実際に、あなたはどうですか?お店とか美容院とかに電話するとき以外に電話って使うでしょうか。

自宅にWi-Fi環境があればなおさらです。


こんなふうに家族や友だちなどの通話はIP電話で済ませることができます。

電話はほぼ使わないようにすることができるわけですね。

高齢者におすすめなスマホ

母親には中古のiPhoneをもってもらおうと思っています。

いろいろ考えたのですが、理由は以下です。

  • 高齢者向けのスマホに大きなメリットはない
  • 自分がiPhoneユーザなので教えやすい

高齢者向けのスマホに大きなメリットはない

3大キャリアからは、高齢者向けのスマホが販売されています。

たとえば、ドコモから出ている「らくらくスマートフォン」。

誰しも高齢者のスマホデビューには、そのようなスマホから調べると思います。

たしかにスマホのホーム画面が電話、メールなど必要最低限に絞ってあり、操作しやすいように思えます。


でも、これってiPhoneでも簡単にできることです。

電話とメールのアプリだけホーム画面に残します。

他のアプリはは2ページ目以降に移動させておく。これだけやってあげればいいのです。


それに高齢者向けのスマホって思ったより高いんです。

機能がしぼってあるぶん安いならいいのですが、3大キャリアから出ている高齢者向けスマホはどれも3〜4万円します。

分割払いさせようとしてくるので料金が見えにくいですが、実は高い。


型落ちの中古iPhone(iPhone7とか)だと1万円くらいから手に入ります。

だったら、全然そっちでいいと思います。

自分がiPhoneユーザならiPhoneがいちばん教えやすい

知り尽くしているiPhoneなら教えやすいです。

もちろんAndroidでもいいです。

「ヘイ、シリ。○にラインで電話して」

ボクならiPhoneデビューした母親に、とりあえず、これだけメモしてわたします。

基本的な操作は音声でできるので、もうそれで十分だったり。


音声で電話できるようになれば、次は以下のことを教えます。

  • 電話アプリの使い方
  • 緊急時に救急要請するやり方

ボクの母親の場合、メールなどもしないし、覚えてもらうのはこれくらいです。

救急要請はなかなかいざというときに思い出すのが難しいかもしれませんが。

iPhoneの緊急SOSで電話を終えると、自動で至急の連絡先に位置情報が送られる機能もあるので、ぜひ使えるようになっておいてほしい。


慣れてくると、LINEで送られてきた孫の動画の見方を教えてあげたり。

すこしずつ興味を意欲をもっていってもらうようにできればいいですね。

認知症予防にもなりそう?

使い方を熟知しているiPhoneだからこそ、パッと教えることができます。

高齢者のスマホデビューには格安SIMがおすすめ

高齢者のスマホデビューには格安SIM以外に考えられないです。

キャリアで家族割などをしている人も多い思いますが、早い話、そんなものより全然格安SIMの方が安いですよ。

では、おすすめの理由と具体的にどこの格安SIMがいいのかみていきましょう。

格安SIMなら月1000円からもてる

格安SIMなら月1000円でOK

キャリアだったら安いプランでも月数千円とかしますが、格安SIMだったら月1000円ほどでもつことができます。

そんな頻繁に使うわけでもないので、これくらいにおさえられると嬉しいですよね。

固定電話よりも安くなるくらいじゃないでしょうか。

格安SIMには通話SIMとデータSIMがありますが、通話SIMのデータ量がいちばん低い料金プランを選びます。

家にWi-Fiがあり、外出時に電話もしないならいっそデータSIMでもいいくらいです。

が、さすがにそれは想定しにくいので、一応通話SIMにします。

外出時に何かあって、いざというとき救急車を呼んだり、家族に電話したりできないと困ります。


実際に使ってみて、思ったよりデータを使うとなれば翌月から料金プランを変更すればいいだけです。

まずは最安プランからで。

おすすめの格安SIMはイオンモバイル

イオンモバイルは通話SIMを980円から契約できます。

これは60歳以上限定の「mini.」というプランですが、格安SIMのなかでも最安級です。

データ量は200MBと最低限におさえてあります。

もうすこし外出時にも通話やインターネットを使うなら3GBの「S.」プラン。

こちらは1280円です。

高齢者のスマホデビューに選ぶ格安SIM・携帯会社としては、上記のどちらかで多くがカバーできるでしょう。

おすすめです。

イオンモバイルならイオンに実店舗があることも多いので、教える側がスマホに詳しくなくても、いざというときも安心。

まとめ|高齢者のスマホデビューには格安SIMがベスト

  • 中古iPhone
  • イオンモバイル

上記が、実際に自分が母親にスマホデビューしてもらうときの結論となりました。

参考にしてもらえると嬉しいです。

母親にもってもらう格安SIMを探し始めて、イオンモバイルにいきついたのは正直、意外でした。

LINEモバイルの通話SIMも安い印象がありましたが、それでも1100円(500MB)からです。

最低限のことだけ最低限の料金できればいい

これにピッタリなのがイオンモバイルです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる