Softbank on LENEとアハモの違い|ワイモバイルも新料金プランに

こんにちは、ダイスケです!

ドコモのアハモに続き、ソフトバンクも新料金プランを発表してきました。

ハムさんのアイコン画像ハムさん

新料金プランの注目は?

注目なのは「Softbank on LINE」です。

これが直接アハモと競合するプランになります。また、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルも新料金プランを発表しています。

ここでは、ソフトバンク新料金プラン全体とともに、アハモとSoftbank on LINEの比較、ワイモバイルの存在感についてかんたんにまとめています。

目次

ソフトバンク新料金プランの内容

まずは2020年12月22日に発表された、ソフトバンクの新料金プラン全体についておさらいしておきます。

以下の3つがソフトバンクより発表されました。

ソフトバンク新料金プラン
  • ワイモバイル新料金サービス
  • ソフトバンク「Softbank on LINE」
  • ソフトバンク「メリハリ無制限」

なかでも注目度が高いのはSoftbank on LINE。

Softbank on LINEは20GBで2980円、国内通話5分つきです。申し込みなどオンラインのみのサービス提供です。


追記:Softbank on LINEは2980円のプランから無料通話分を切り離し、月2480円でリリースされることになりました。auのpovoと同様の戦略をとります。

Softbank on LINEは、ソフトバンクがLINEモバイルを100%子会社化することで生まれた料金プランです。これにともない、LINEモバイルの新規受付は3月から終了となります。

ワイモバイルも新料金サービスに

ワイモバイルも新料金サービスが開始されます。こちらも注目したい。詳しくは後ほど。


最後に、ソフトバンクの大容量プラン「メリハリ無制限」は4G/5G共通でギガ無制限で、月6580円。ヘビーユーザ向けですね。

ソフトバンクの新料金プランは、ワイモバイルが2021年2月から、Softbank on LINE、メリハリ無制限は2021年3月から開始予定です。

Softbank on LINEとドコモ・アハモを比較

Softbank on LINEとドコモのアハモはどう違っているのでしょうか?

以下は両者で共通する主な項目です。

共通項目
  • 料金:2980円
  • データ使用量:20GB
  • 無料通話5分あり
  • 4G/5G対応
  • オンラインのみのサービス提供
  • 家族割なし
  • キャリアメールなし

Softbank on LINEもドコモ・アハモも、順次詳細が発表されていきます。

現段階でわかっている、それぞれ固有のメリットとしては次のようなものがあります。

Softbank on LINEのメリット
  • eSIMに対応
  • LINEが使い放題
  • 乗り換えがLINEからできる

乗り換えがLINEアプリからできるのは嬉しいですね。この手軽さは非常に大きいでしょう。

アハモのメリット

海外でも20GB使える

アハモなら追加料金なしで海外82カ国でも20GBをそのまま使えます。

コロナの流行が落ち着けば、旅行やビジネスで海外へ赴く人も増えるでしょうし、そんなときアハモなら利用価値が高いです。ソフトバンクはアメリカ放題がつきますが、その他の国は未定です。


ちなみに、Softbank on LINEもアハモも、以下の手数料が無料です。

  • 契約解除料
  • 番号移行手数料
  • 契約事務手数料

ワイモバイルの新料金プラン

ワイモバイルは4G・5G共通の新料金プランを発表。「シンプルプラン」といって、プラン構成は今までと同じく、S・M・Lの3つです。

シンプルS シンプルM シンプルL
料金 1980円 2980円 3780円
データ使用量 3GB 10GB 20GB

これまでの料金プランと比較すると、安くなりました。というのも、国内通話10分無料がオプション扱いとなり、切り離されたからです。

国内通話10分無料のオプションをつけると、シンプルS、Mは従来のプラン(スマホベーシックプラン)まったく同じ料金になります。シンプルLは200円安くなりました。

選べるようになっただけマシ?わかりにくくなった?とらえ方は人それぞれですね。


ワイモバイルの新料金プランに真新しさはないですが、魅力は健在。

  • 家族割あり
  • 実店舗のサービス提供あり

ワイモバイルは低料金に加え、今までとおり家族割もあります。家族割をすると、2回線目以降が500円割引となり、3GBのSプランなら1480円になります。

ワイモバイルは、このような低料金ながら実店舗サービスがあります。ここがオンライン・オンリーなアハモやSoftbank on LINEの登場により、浮き彫りになった感があります。

スマホにそこまで詳しくないライトなユーザには嬉しいですよね。

ライト・ユーザにはワイモバイルがフィット

\ イチオシ /

いちおう触れておきますが、ワイモバイルには家族割のほかに「おうち割 光セット」という割引もあります。

これはソフトバンク光に加入していると、500円割引になるというものですが、家族割との併用はできません。

Softbank on LINE、ワイモバイル、アハモのまとめ

ドコモ・アハモに追従して発表されたソフトバンクの新料金プラン。結局どれがいいのか、まとめるとこうなります。

  • スマホをヘビーユースしないライト・ユーザ:ワイモバイル
  • LINEでかんたんに乗り換えたいミドル・ユーザ:Softbank on LINE
  • 海外でもそのままスマホを使いたいミドル・ユーザ:アハモ

オンライン・オンリーでのサービス提供となるSoftbank on LINEやアハモの登場により、実店舗サービスの価値があらためて大きくなっています。

そう考えると、低料金ながら実店舗サービスのあるワイモバイルは魅力的です。機種変など、いざというときにお任せできます。

LINEや電話くらいしかスマホを使わない人はワイモバイル一択です!

こちらでワイモバイルに乗り換える手順がわかります。

\ イチオシ /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる