格安SIMの20GBプランでおすすめなのは?【意外と知られていない】

こんにちは、ダイスケです!

ahamoの登場から注目を集めるようになった20GBプラン。

小容量ユーザも、低料金で20GB使えるなら、利用したくなりますよね。

ヒヨコさんのアイコン画像ヒヨコさん

20GBプランに興味あり!

実は、格安SIMで、ahamoなどよりさらに低料金で20GB使えるプランがあります。

  • mineo
  • 日本通信SIM
  • HISモバイル

これらの格安SIMなら1980円で20GB。

やっす…w

この記事を見れば、それぞれの料金プランの特長と、どんな人におすすめなのかがバッチリわかります。

目次

mineoの料金プラン概要と特長

mineoは、格安SIMのなかでも特に人気が高いブランドです。

注目ポイントはこちら。

  • 新料金プラン「マイピタ」
  • トリプルキャリアに対応
  • パケットシェア

では、詳しくみていきましょう。

mineoの新料金プラン「マイピタ」

2021年2月からは新料金プラン「マイピタ」が登場。

20GBで1980円です。

ahamoやSoftbank on LINE、povoが20GBで2980円(5分無料通話つき)なのに対し、1000円も安い。

しかも、マイピタなら20GB以下のプランも用意されているのが大きな魅力です。

データ容量 料金(デュアルタイプ=音声通話SIM)
1GB 1180円
5GB 1380円
10GB 1780円
20GB 1980円

mineoはトリプルキャリア対応

mineoはトリプルキャリアに対応。

トリプルキャリアは何が得なのかというと、早い話、SIMロック解除が不要なところです。

ドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線と3つのキャリアを選べるので、乗り換え前と同じ回線を選ぶことで、今まで使っていたスマホを「そのまま」使えます。

mineoではパケットのシェアができる

mineoでは、パケットを分け合うシステムがあります。

それが次の2つ。

  • パケットギフト
  • フリータンク

パケットギフトは、家族や友だちと、余ったパケット(データ容量)をシェアできます。

いざというときはmineoユーザ同士、助け合えます。ナイス!

フリータンクはmineoユーザ全員で、パケットをシェア。パケットを大きなタンクに貯めていくイメージです。

貯めたパケットは、直接の友だちなどだけでなく、全国のmineoユーザ全体でシェアできます。自然災害などのときには、フリータンクが災害支援タンクとして開放されます。

このようなシェアの精神があるのが、mineoのいいところ!

mineoのその他の魅力

  • データ繰り越しができる
  • セット販売している端末が豊富

mineoではデータ繰り越しができるので、使わなかったデータ(パケット)もムダになりません。

また、セット販売している端末がたくさんあるのも嬉しいところ!

最新機種にこだわりがない人なら、すこし古いモデルをお値打ち価格で購入できます。

mineoがおすすめな人

もしかしたら20GBも使わないかもしれない人

「やっぱり20GBも使わないな…」

こう思ったときに、mineoのマイピタなら10GB、あるいは5GB、1GBにプラン変更することが可能です。

自分の使用状況に合わせて、フレキシブルに対応できるのが魅力です。

楽天モバイルよりも安くなりうる

破格の料金プランといえば、楽天モバイル。

でも、そんな楽天モバイルより、mineoのマイピタなら安くなりえます。

以下は楽天の料金体系です。

データ容量 料金
〜1GB 0円
1GB〜3GB 980円
3GB〜20GB 1980円
20GB〜 2980円

楽天モバイルでは、3GB〜20GBが1980円ですが、マイピタなら5GBまでが1380円なので、ここにおさまる人にはマイピタの方がお得。

しかも、楽天モバイルが破格なのは楽天エリアでの話。mineoならエリアが限られる心配もありません。

mineoって、実はこんなにいい格安SIMなんです!

日本通信SIMの料金プラン概要と特長

日本通信は格安SIMの走りとなった会社です。

これが地味にいいプラン出してるんです。

日本通信SIMのポイントがこちら。

  • 新料金プラン「合理的20GBプラン」
  • 無料通話70分
  • 通話料金が30秒10円

日本通信SIMの新料金プラン「合理的20GBプラン」

日本通信SIMの「合理的20GBプラン」は、20GBで1980円(2月18日〜)。

mineoのマイピタと同様、ahamoなどより1000円安い料金体系です。

無料通話70分

日本通信SIMは、無料通話が70分ついています。

基本的にはLINE通話を使うけど、スマホをもっていない親に電話するときだけ、仕方なく電話番号を使った電話をするって人もいますよね。

そんなとき、月に70分間も無料通話ができるのは頼もしいかぎり。実際に使わないとしても安心感が嬉しいものですよね。

通話料金が30秒10円

日本通信SIMは、通話料金が30秒10円です。

多くの携帯会社は30秒20円なので、その半額。

無料通話が70分あるのに加え、それを超えても安く通話できるということ♪

日本通信SIMがおすすめな人

20GBも通話もどっちも欲しい人

通話をする機会が月に何度かある人は、70分無料通話つきの日本通信SIMがおすすめ。

mineoには無料通話は含まれていませんが、日本通信SIMなら安心。

70分無料通話を使い切っても、通話料金が多くの携帯会社の1/2です。

ここに魅力を感じる人は、日本通信SIMです。

HISモバイルの料金プラン概要と特長

旅行会社として有名なHISが手がける格安SIM、それがHISモバイルです。

「知らんかった…」

という人も多いでしょうが、どんな料金プランなのでしょう。

  • 新料金プラン「格安弐拾プラン」
  • 海外で使える「変なSIM」

HISモバイルの新料金プラン「格安弐拾プラン」

なぜか”和”テイストあふれるネーミングの「格安弐拾プラン」。

肝心なプランの中身ですが、コレ、言ってしまえば、日本通信SIMとほぼ同じです。

  • 20GBで1980円
  • 無料通話70分
  • 通話料金30秒10円

ね?

もう少し補足もしておきます。

  • データ追加は1GB・250円
  • データ繰り越しなし

上記も日本通信SIMと、まったく同様です。

ちなみに、HISモバイルにしたからといって、HISのポイントがつくとか、そういうことはありません。期待するところですが。

海外で使える「変なSIM」

HISモバイルは、海外でも使えるSIMカード「変なSIM」を提供しています。

通常のSIMカードにペタリと貼り付けて使用できる、名前のとおり変な?SIMカードです。

  • 地域別プラン 1日(24時間) 200MBまで 500円
  • アジア周遊プラン 8日間 4GBまで 3,500円
  • 世界周遊プラン 15日間 4GBまで 5,000円

貼るだけで83以上の国と地域で使える海外SIMです。

SIMカード本体は1980円で、いっかい購入すれば、何度でも使えます。

格安弐拾プランより、むしろ変なSIMの方が注目度高め?

HISモバイルがおすすめな人

20GBと変なSIM推しな人

HISモバイルは、mineoと比べたとき、売りとなるのは日本通信SIMと同様、無料通話70分があるところ。

日本通信SIMと並べてみると、大きな差別化ポイントがないようですが、ちょい待ち。

「変なSIM」があります。

HISモバイルは、格安SIMではめずらしく海外使用にも力を入れています。

地域別プランの200MB・500円を契約しつつ、現地の無料Wi-Fiスポットと併用すれば、十分使いどころがあります。

海外旅行に慣れている人なら、そもそもモバイルWi-Fiすら持っていかない人もいるでしょうけど、そんなときサブとして、変なSIMがあるとよさそうです。

HISモバイルは、つまるところ、変なSIM推し。

まとめ|格安SIMの20GBプランでおすすめなもの

結論、最もおすすめなのはmineoです。

mineoがおすすめな理由
  • 20GBも必要ないとわかったらプラン変更ができる
  • トリプルキャリア対応
  • パケットのシェアができる
  • 5GBまでなら楽天モバイルより安くできる
  • ブランド力があって安心
  • 端末の取り扱いが豊富
  • データ繰り越しできる

mineoは、もし実際に使い始めてやっぱり20GBも必要ないとなったときでも、同じmineo内で料金プランの変更ができます。

いちいち他社に乗り換える必要はありません。

データ繰り越し・パケットシェアもできるので、データ容量を少なくしたとしても、柔軟に対応できそうです。

確かに、最初から無料通話はついていませんが、電話をほぼしない人なら問題にならないし、「mineoでんわ」アプリからだと30秒10円です。5分通話したとしても、100円。

日本通信SIM、HISモバイルとの比較のみならず、ahamoや楽天モバイルと比べても、十分に魅力があります。

mineoがアツいです!

\ おすすめ /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる