ahamoでいい?ソフトバンク・au・楽天の料金プランを比較【3シートで】

こんにちは、ダイスケです!

2021年は、通信業界がアツい。

ドコモが20GB・2980円のahamoを発表したのを皮切りに、ソフトバンク、auも続々と新料金プランを発表しました。

楽天モバイルも猛追!もう、価格破壊レベル。

ソフトバンクは、「LINEMO」として2480円リリースを決定しました。

もう目が離せない…。

ハムさんのアイコン画像ハムさん

スゲー!でも、どう違うの?

  • ドコモ:ahamo(アハモ)
  • ソフトバンク:LINEMO(ラインモ)
  • au:povo(ポヴォ)
  • 楽天モバイル:UN-LIMIT Ⅵ(アンリミット)

ここでは、上記4社の料金プランを3シートで比較します。それぞれのシートごとに着目すべき点について説明していきます。

では、いきましょう!

目次

比較シート① 基本をチェック|
ドコモ【ahamo】・ソフトバンク【LINEMO】・au【povo】・楽天モバイル【UN-LIMIT Ⅵ】

ドコモソフトバンクau楽天モバイル
プラン名称ahamoLINEMOpovoUN-LIMIT Ⅵ
データ容量20GB20GB20GB無制限
(パートナーエリア:5GB)
料金2980円2980円
→2480円
2480円0円(〜1GB)
980円(1〜3GB)
1980円(3〜20GB)
2980円(20GB〜)
【1年無料】
5分間無料通話無料無料500円無料
(Rakuten Linkアプリで)
かけ放題1000円1000円1500円無料
(Rakuten Linkアプリで)
申し込みWebのみWeb、LINEWebのみWeb、店頭
比較シート①

比較シート①は、まず最初に理解しておきたい基本項目です。

注目ポイントをピックアップしていきます。

データ容量・料金で選ぶなら楽天モバイル

楽天モバイルは従量制プランに(最安0円)

楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅵは、破格の料金プラン。

使用したデータ量に応じて料金が変動する従量制の料金プランになりました。1GBまでなら、え?、0円です。

すごいですね〜。あらためて記しておきます。

データ容量料金
〜1GB0円
1〜3GB980円
3〜20GB1980円
20GB〜2980円
楽天モバイル UN-LIMIT Ⅵ

小容量から大容量までカバーしたパーフェクト・プランです!

しかも、300万名を対象に1年間は完全無料。

楽天モバイルにするだけで、1年間で2980円×12=35760円が自動で節約できることになります。

破格のプランは楽天回線エリアの話

注意です。

パーフェクトな楽天モバイルですが、これは楽天回線エリアにおける話です。それ以外のエリアでは、パートナー回線の5GBを使うことになります。

2021年夏までに人口カバー率96%に拡大される予定みたいですが、正直まだまだといった印象(2021年2月3日現在 京都〜大阪エリア)。

1年の無料期間で、様子を見ながら使うのがベターです。

楽天モバイルは、楽天リンクアプリを使えば、通話も無料(かけ放題)。

5分間の無料通話ありではドコモ・ソフトバンク・auは横並び

20GB・5分間無料通話ありで2980円

20GB・2980円の中容量プランが、2021年、通信業界のニューノーマルです。

ahamo、LINEMOは20GBで2980円、auのpovoだけ2480円ですが、5分無料通話(+500円)をつけると2980円になります。

5分間無料通話ありでは、3社が横並びの料金になるわけです。

追記:ソフトバンクのLINEMOも、povoと同様に無料通話を切り離し、月2480円でリリースされることになりました。

申し込みはWeb+α

ソフトバンクはLINEで、楽天モバイルは店頭でもOK

ahamoなどのプランの申し込みは、基本的にWebオンリーです。これがネックになる人も非常に多いはず。

そこにきて、LINEMOはLINEアプリでの申し込み(乗り換え)が可能。わかりやすさという点では大きくリードするでしょう。

また、楽天モバイルは店頭でもできます。ネットに詳しくない人の強い味方ですね。とはいえ、

Webで申し込みできるようになろう

手数料・違約金などのことを考えても、乗り換えは今ものすごくやりやすくなっています。自分でできるようになるメリットは大きいです。

最初は手続き全体の理解に時間がかかるかもしれませんが、やること自体はそんなに多くありません。

ぜひ、Webでの申し込みに慣れましょう。

比較シート② 「知っておきたい」をチェック|
ドコモ【ahamo】・ソフトバンク【LINEMO】・au【povo】・楽天モバイル【UN-LIMIT Ⅵ】

比較シート②は、eSIM、テザリング、手数料など知っておきたい項目が並びます。要チェック。

ドコモソフトバンクau楽天モバイル
5G
eSIM○(予定)
テザリング
容量超過時の速度1Mbps1Mbps1Mbps1Mbps
手数料
(契約事務手数料、MNP手数料、契約解除料)
無料無料無料無料
定期契約(2年縛り)なしなしなしなし
キャリアメール××××
比較シート②

手数料は無料

手数料はのきなみ無料化され、申し込みがしやすくなっています。

かつ、契約解除料も無料で転出(他社への乗り換え)もしやすい。定期契約でのひきとめもなし。

これからの時代、よりお得な携帯会社に自分で乗り換えられる人が得をします。

楽天モバイル|eSIM×デュアルSIMのすすめ

今すぐeSIMをデュアルで

楽天モバイルのeSIMを”デュアルSIMで”使ってみましょう。

下記の2つのSIMを同時に使います。

  • 物理SIM(通常のSIM)
  • eSIM

今お使いの、物理SIMが入っているスマホに、2つ目のSIMとしてデジタル設定できるeSIMを追加で乗せるということです。

楽天モバイルは1年間無料でしたよね?だから、1年間は支払いが今まで通り1つだけのまま、2つの携帯会社を同時に使えることになります。

データ容量はそのぶん増えるし、電話番号も2つ持てます。

ハイテク感 & お得感。

前提として、スマホがeSIM搭載でデュアルSIMに対応していることが必要です。

比較シート③ 差別化ポイントを理解|
ドコモ【ahamo】・ソフトバンク【LINEMO】・au【povo】・楽天モバイル【UN-LIMIT Ⅵ】

比較シート③は、各社の特徴となる差別化ポイントがあるところ。

ドコモソフトバンクau楽天モバイル
海外ローミング20GB
(海外82の国・地域)
アメリカ放題
(その他は未定)
検討中2GB
(海外66の国・地域)
家族割×
(カウントは対象)
×××
ネットとセット割×
(ペア設定はできる)
×××
端末の販売当初は予定なし当初は予定なし
iPhone対応対応予定未定未定
(正式には対応してない)
その他先行エントリーでdポイント3000pLINE使い放題
(トーク、音声通話/ビデオ通話、クリエイタースタンプ)
データ使い放題 24時間オプション(200円)申込で楽天ポイントを5,000ポイント
比較シート③

海外旅行好きならドコモのahamo

20GBを海外でもそのまま使える

なんといっても、ahamo最大の魅力はココ。20GBを追加料金なしで海外でも使えます。

海外旅行好きには刺さりますよね。コロナが落ち着いたら…と胸を踊らせずにはいられない。

ahamoにすると、具体的にこんなところがラクになります。

  • 空港でモバイルWi-Fiをレンタル(受け取り・返却)しなくてもいい
  • 現地でスマホと別でモバイルWi-Fiを操作しなくてもいい
  • スマホのバッテリーと別でモバイルWi-Fiのバッテリーをもたなくてもいい

日本と同じように、スマホ1つだけあればOKなんですよね。なんて、ラク…。

ただし、海外使用が15日を超えると速度制限がかかります。

LINEとのタッグで使いやすいソフトバンクのLINEMO

LINEの強みを活かしたサービスが売り

ソフトバンクはLINEモバイルを完全子会社化。老若男女が使うLINEとの関係強化はインパクト大です。

まず、LINEMOは乗り換えがLINEでできます。

どんなUIになるかわかりませんが、乗り換えのハードルがグッと下がるのは間違いないです。

そして、LINEが使い放題。

使い放題の対象がどこまでかは、詳細を待って知る必要がありますが、普段遣いするサービスが使い放題というのは安心感があります。

追記:LINEMOのLINE使い放題の対象は、トーク、音声通話/ビデオ通話、LINEクリエイタースタンプに着ましました。

povoはデータ使い放題24時間オプションあり

povoはオプションをトッピングできる

「今日はNetflix見まくる」

そんな日に「データ使い放題24時間」を200円でトッピング。週2でトッピングしても、200円×2×4週で1600円プラスするだけ。

このようにpovoは「必要なときだけトッピングをする」というのがコンセプトとしてあります。動画をよくみる若者にはフィットするでしょう。

povoは5分間の無料通話もオプション扱いです。あまり通話をしない若者のユーザはahamoなどより500円コストカットできます。

このように、ahamoやLINEMOなどと比べても、povoはより若者をターゲットとしたプランだということができそうです。

まとめ|ahamoでいい?ソフトバンク・au・楽天の料金プランを比較

ahamo、LINEMO、povo、楽天UN-LIMIT Ⅵの比較を3シートで解説してきました。

ここに、あらためてシート①〜③を1シートにまとめたものが以下になります。

ドコモソフトバンクau楽天モバイル
プラン名称ahamoLINEMOpovoUN-LIMIT Ⅵ
データ容量20GB20GB20GB無制限
(パートナーエリア:5GB)
料金2980円2980円
→2480円
2480円0円(〜1GB)
980円(1〜3GB)
1980円(3〜20GB)
2980円(20GB〜)
【1年無料】
5分間無料通話無料無料500円無料
(Rakuten Linkアプリで)
かけ放題1000円1000円1500円無料
(Rakuten Linkアプリで)
申し込みWebのみWeb、LINEWebのみWeb、店頭
5G○(夏予定)
eSIM○(予定)
テザリング
容量超過時の速度1Mbps1Mbps1Mbps1Mbps
手数料
(契約事務手数料、MNP手数料、契約解除料)
無料無料無料無料
定期契約(2年縛り)なしなしなしなし
キャリアメール××××
海外ローミング20GB
(海外82の国・地域)
アメリカ放題
(その他は未定)
検討中2GB
(海外66の国・地域)
家族割×
(カウントは対象)
×××
ネットとセット割×
(ペア設定はできる)
×××
端末の販売当初は予定なし当初は予定なし
iPhone対応対応予定未定未定
(正式には対応してない)
その他先行エントリーでdポイント3000pLINE使い放題
(トーク、音声通話/ビデオ通話、クリエイタースタンプ)
データ使い放題 24時間オプション(200円)申込で楽天ポイントを5,000ポイント
比較まとめ

結局、どれがおすすめなのか?

このなかだと、まずは楽天モバイルです。これは間違いない。

楽天エリア、速度などは様子見をする必要があります。ただ、パートナーエリアが5GBあり、最低限データ使用がそれでおさまるのなら、楽天モバイルを試さない理由はないです。

のこり3社も以下のメリットがあります。

  • ahamoなら海外使用
  • LINEMOならLINEで乗り換え & 使い放題
  • povoなら200円でデータ24時間使い放題

特に自分にフィットするのはどれか、見極めましょう。


また、ワイモバイル、UQモバイルといったサブブランドも魅力があります。

格安SIMばりに安く、そして店舗でのサービスも受けられますから。データをそんなに使わないライトなユーザは、サブブランドがフィットしやすいです。

20GBの容量に魅力を感じる人は、格安SIMのmineo日本通信もあります。20GBで1980円です。

どんどん、いいプランが出てきます。2021年は新しい通信業界の幕開けです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる